製作工程

①座繰り

*煮繭(しゃけん) 

*索緒(さくちょ)

*整緒(せいちょ)

繭を煮て、セリシンを溶かし、糸を出しやすくします。

一つの繭から一本の糸を出すためにキビソを取り除きながら、糸の吐き出しを見つけ整えます。

 

*粒付(りゅうづけ)

繭から一本の糸を出したら、必要な太さの粒数の糸を合わせます。

そして、大枠に糸を巻いていきます。

*接緒(せっちょ)

*断緒(だんちょ)

*粒付確保

一定の粒数を維持するために、糸が終わりそうな繭は断緒して、新しい繭を接緒します。

一秒間に約一回転の速さで、一定に座繰り機を回します。

②綛揚げ (揚げ返し)

座繰りで引いた糸を2700メートルづつの綛にします。

③小枠取り

綛揚げで出来た綛を小枠に巻きます。 

④合糸

小枠に巻いた糸を必要数合わせて、巻き取ります。

 

⑤撚糸

合糸した糸を撚糸機にかけて、撚りを入れます。

「あつらえる」の糸は約100回転/1メートル前後で仕上げております。

 

⑥綛揚げ

撚糸された糸を1350メートルづつの綛にします。

 

⑦精練

セリシンを取るために、1350メートルづつに分けた綛を木灰で作った灰汁で精練します。

この時、丸練り(練減率30%)するのではなく、練減率約20%にとどめます。

それは、過剰な毛羽立ちを防ぐことと、この後の染色での糸の痛みを軽減するためです。

 

⑧精練で乱れた綛糸を、巻き直します。

 

糸のご注文の場合、この後、出荷させていただきます。

染織 縫製

①染色(後染めの場合、染色は織り終ってからします)

 

②糊付け 綛糸に溶かしたふのりを付けます。

 

③整経

 

④織り

 

⑤湯のし


⑥必要ならば、砧打ち

生地を柔らかくするために、砧で叩きます。


⑦縫製が必要な物品の場合、この後、パターンをひき、縫製いたします。


以上全ての工程を一人で行っております。

製作にお時間をいただいてしまいますが、一貫して丁寧に作っております。

ご了承ください。